/var/log/messages

Dec 5, 2019 - 3 minute read - Comments - programming

スッキリわかる Python 入門要約

スッキリわかる Python 入門に目を通しておくこと、という指令が下り、囲碁大会も終わったので確認続行しつつでまとめも作成な続きです。

第二部

いきなり Python 卒業、から話が始まっていますw とりあえず章立てとしては

  • 関数
  • オブジェクト
  • モジュール
  • まだまだ広がる Python の世界

という形。週末に向けてぼちぼち進めます。

5 章 関数

  • ないなら作ればいい
  • 部品化のメリット
  • 関数 (手続き) の定義と呼び出し
  • 手続きの名前の衝突
  • ローカル変数
  • 引数と戻り値
  • 関数呼び出しの正体、について (どうも左括弧が演算子らしい)

関数の応用テクニック

  • 複数の戻り
  • デフォルト引数
  • キーワード引数
  • 可変長引数

そしてグローバル変数が出てくるのか。

6 章 オブジェクト

  • データとそのデータに関する処理を行なう関数がひとかたまりとなっているもの
  • Python におけるあらゆる値はオブジェクト
  • 公式ドキュメントを漁って str のメソッドを見つけた浅木さん
  • Python は手続きオブジェクトがあるのか
  • ハイカロリーな発想てw
  • identity という概念
  • 等価、と等値
  • 代入文では参照がコピーされる
  • 参照と関数を組み合わせたとき、やっかいなトラップが発動することがある
  • 参照による副作用
  • 防御的コピィ
  • 不変オブジェクト

もうちょい。

7 章 モジュール

以下を紹介、なのかどうか。

  • 組み込み関数
  • 標準ライブラリモジュール
  • 外部ライブラリモジュール

build-in function ということで以下が紹介されている。

  • 入出力
  • データ型
  • コレクション
  • 計算
  • ファイル

そして浅木さん、ボーリングの点数を素数で揃えるとかアレな台詞がさりげなく入ってますね。

  • with ブロックでファイルの取り扱い

モジュールについて

  • 役割として変数や関数 (あるいはそれらをまとめたクラス) の提供、とあります
  • ライブラリは二種類ある
  • 標準ライブラリに含まれるモジュールが以下、とのこと
    • math
    • random
    • datetime
    • email
    • csv
    • json
    • os
  • モジュール取り込みのいくつかの方法

パッケージについて

  • 関連するモジュールをパッケージにまとめることができる
  • 組み込み関数は __builtin__ という名前のモジュールに定義されている

外部ライブラリ

以下が列挙されている。

  • matplotlib
  • Pandas
  • NumPy
  • SciPy
  • SymPy
  • scikit-learn
  • TensorFlow
  • Pygame
  • dateutil
  • simplejson
  • pyYAML
  • requests

もうすこし残っています。引き続き確認すすめます。

8 章 まだまだ広がる Python の世界

こんなことできるよ、的な技術要素が紹介されています。

  • ルーチンワークの自動化
  • データベースの操作
  • ウィンドウアプリケーションの作成
  • Web アプリケーションの作成
    • Flask の例
  • IoT アプリケーションの作成
  • データ分析・機械学習

終わりに

  • Python の特性、が記載
  • はじめの一歩、を踏まえて次のステップのためのキーワードがいくつか列挙

付録

サポートサイトの案内、な付録 A とエラー解決虎の巻、な付録 B となっています。付録 B では

  • エラーを解決できるようになる 3 つのコツ
  • エラーメッセージの読み方
  • スタックトレースについて
  • エラー事例サンプル
  • 例外

おわりに

ひと通り目を通すことができました。これで某所に読んだよ、って連絡できます。おそらく今後もリファレンス的に使うことになるのだろうな。

囲碁大会 年末年始の TODO

comments powered by Disqus