/var/log/messages

Sep 29, 2018 - 1 minute read - Comments - misc

Ltspice

どうも使い慣れてないとかってレベルではない気がしている今日この頃。

とりあえず

アンプの出力トランス、何かが足りていないはず。片側の電圧は 300V なのに片側が 0V になってしまっています。

Spice Directive

.tran 0 100m 10m と入力して配置、というナニを確認したので試してみたのですが、やはり 1 次側 300V で 2 次側が 0V という形です。何が悪いのかorz

周波数特性

測定できました。以下ドキュメントの「周波数特性を表示させる」という項目に方法が記載されていました。

備忘まで方法を以下に列挙しておきます。

  • 入力信号な voltage 右クリックで function を non にして右側の Small signal AC analysis の AC Amplitude に 1 (例えば) を入力
  • 画面の何もない場所右クリックして Edit Simulation Cmd 選択して AC Analysis タブを選択して Type of sweep は Octave、Number of points per octave に 25、Start frequency に 1、Stop frequency に 100k を入力して OK
  • Run して測定位置をクリックすると周波数特性グラフが表示される

ちょっと嬉しい。

トランス定義

ということはトランスの作り方はまちがってはいない模様。

囲碁の形勢判断 真空管アンプの製作

comments powered by Disqus