/var/log/messages

debugging with sixth sense

Xremap 使ってみた

以前からチェックしていたのですが現実トウヒがてら使ってみることに。

基本的には

  • git clone して
  • make して
  • systemd で起動するようにしとく

で良いのかどうか。

とりあえず

git clone します。build に必要なパケジは導入済みらしいので make 実行。で、sudo make install にて /usr/local/bin/xremap に実行ファイルがコピィされました。

systemd 云々

以下を /etc/systemd/xremap.service って名前で投入。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
# 1. Copy this to ~/.config/systemd/user/xremap.service
# 2. systemctl --user enable xremap

[Unit]
Description=xremap

[Service]
KillMode=process
ExecStart=/usr/bin/xremap /home/k0kubun/.xremap
ExecStop=/usr/bin/killall xremap
Restart=always
Environment=DISPLAY=:0.0

[Install]
WantedBy=graphical.target

上記、xremap/examples/systemd/xremap.service です。パスは /usr/local/bin にしとく必要ありますね。あと xremap/examples/emacs_like.rb な以下を $HOME/.xremap にて投入 (ちょっと修正していたり)。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
window class_not: 'urxvt' do
  # emacs-like bindings
  remap 'C-b', to: 'Left'
  remap 'C-f', to: 'Right'
  remap 'C-p', to: 'Up'
  remap 'C-n', to: 'Down'

  remap 'M-b', to: 'Ctrl-Left'
  remap 'M-f', to: 'Ctrl-Right'

  remap 'C-a', to: 'Home'
  remap 'C-e', to: 'End'

  remap 'C-k', to: ['Shift-End', 'Ctrl-x']

  remap 'C-d', to: 'Delete'
  remap 'M-d', to: 'Ctrl-Delete'

  # actually these are vim insert mode bindings, but compatible with shell
  remap 'C-u', to: ['Shift-Home', 'Ctrl-x']
  remap 'C-w', to: ['Ctrl-Shift-Left', 'Ctrl-x']
end

で、

1
$ sudo systemctl enable xremap.service

してみたのですが fail します。よくよく見てみるに $HOME/.config/systemd/user 配下に投入、って書いてますね。/etc/systemd/system 配下に置いてしまったのですがやり直そ。

リトライ

ファイル投入して

1
$ systemctl --user enable xremap

した後に

1
$ systemctl --user start xremap

でキーバインド有効になりました。これで Dropbox Paper とかでも emacs なキーバインド使えるのかどうか。

追記

emacs のキーバインドに影響出ててアレ。

Comments