/var/log/messages

debugging with sixth sense

BNN-PYNQ 動作確認

対抗なホストとのやりとりについては手動にて設定します。

  • 名前解決については /etc/resolvconf/resolv.conf.d/base に対抗なホストの IP を記載
  • 経路の設定は手動 (ip route add default via 192.168.3.100)

で、

1
$ sudo /etc/init.d/resolvconf restart

してみたのですが外と通信できんぞorz

とほほ

なんか微妙な所でハマるなぁ。しかも経路の情報が消えている。あ、dhclient が経路情報更新してたんかな。ということで手動で云々する場合、

  • dhclient なプロセス止める
  • default gw 設定
  • /etc/resolvconf/resolv.conf.d/base 記載してサービス再起動

という三点なのかな。

とりま以下を実行しています。

1
$ sudo GIT_SSL_NO_VERIFY=1 ./scripts/update_pynq.sh

デモする時はこのあたりは済ませた状態で、なのは当然だろうな。

途中で止まってる?

update_pynq.sh が途中で止まっている模様。

1
fatal: A branch named 'master' already exists.

何してるのか。つうかリトライしたら動いたぞ。ぐぬぬ。とは言え、最新にするまで、は事前準備ってことにしとこorz

更新成功

したらしい。

1
Completed PYNQ update.

詳細略で FPGAでDeep Learningしてみる に沿ってすすめてみます。

BNN-PYNQ 導入

以下、とのこと。

1
$ sudo pip3.6 install git+https://github.com/Xilinx/BNN-PYNQ.git

導入成功しているようなので次。

BNN-PYNQ 実行

えと、Jupyter 接続したら bnn というディレクトリが見えますね。ドキュメントではこのディレクトリの中の Cifar10 というやつを実行している模様。というかこれ、クリックで RUN ALL なのかな。

実行できました

だけでは微妙感満点なので出力確認してみるか。つうかソース読んでみた方が良いのかな。これだけだと LT てきに微妙なんですが PYNQ の紹介含めて BNN の推論な処理のデモ、ってことであれば十分なのかどうか。

Comments