/var/log/messages

Nov 5, 2013 - 1 minute read - Comments - misc

nsupdate

某仮想リソースで名前を付けねば、という事で無償で DNS な ns リソースを払いだして頂いております。nsupdate なるコマンドで A レコードを云々できるとのことなんですが、このコマンド知りませんでしたので備忘までメモを残しておくことに。

ええと、name server 側からは許可がある、が前提です。 以下なテキストを用意して

server 192.168.10.1
update add hoge.example.com 86400 A 192.168.10.2

で、以下なコマンドで OK でした。

$ nsupdate ./nsupdate.txt

末端に一つ改行を入れておく、がキモな模様。上の引用では分かりにくいですが末端に一行空の改行が存在してます。send という記述でも良いようです。send 無しでもコマンドは何も言わないのでアレでした。

つうか

ようやく名前も付いてスマホからの接続試験ができるようになったんですが、アプリ自体がリセットされているようです。もっかい諸々リセットして色々確認した方が良さげorz

serverspec のはじめかた EoPL の Exercise 2.12

comments powered by Disqus